総合サービスか一部か

整体師

最初のみか継続か

柔道整復師の資格を取得すると、整骨院の開業が行えます。医療機関の一つとして健康保険を利用した治療を行えます。ただ、それ以外の治療であったり予防のための施術などが行えるので、それぞれ特徴のある整骨院運営を行う必要があるでしょう。地域によっては整骨院の数が多くなっているので、安易に行ってもなかなかお客さんに来てもらえないこともあります。資格を取ったからといって自分でどんどん話を進めるのではなく、いろいろなサポートを受けましょう。柔道整復師として整骨院を開業するときのサポートサービスとして、一部のみのサポートがあります。主に事業開始時におけるサポートで、税務や法的な手続きのサポートを行ってくれます。税理士や司法書士、行政書士などの法律や税務の専門家が行ってくれ、必要な手続きを簡単にしてくれるようにサポートしてくれます。ただ整骨院の運営に詳しいわけではありません。あくまでも開業時に利用するサポートサービスになります。柔道整復師として開業するとき、総合的なサポートをしてくれるサービスがあります。新たに医療機関を運営するときに利用でき、立地の調査から建物選定、所属する団体の選定や医療機器の選定などのサポートをしてくれます。柔道整復師は自分の手だけで施術をするのではなく、医療機器も多く使います。購入やリースをどこから行うのかなどを提案してくれます。最初だけ利用するときもありますが、継続的にサポートしてくれるところの方が将来的に安定した運営ができるようになります。